投稿

2月, 2014の投稿を表示しています

タイ旅行 / 2014/2/14~16 | Thailand Bangkok

イメージ
理由はわかりません。ただ海外に行きたいという気持ちが強くなりました。今の日本を客観的に見たいと思ったのが最初だったと記憶しています。外国語大学に通っていた学生時代、留学や旅行で欧州をいくつか旅していたとき、異なる文化圏の人々へ日本を紹介する機会がありました。漢字やカタカナの説明や食生活や政治や宗教まで。日本人同士での会話ではないので、前提から説明する必要が多くありました。当たり前に思っていた事実を当たり前から引き剥がし、丁寧に言葉を尽くして説明する。この経験は、私に日本に対する客観的な視点を与えてくれました。この視点をもう一度獲得したいと考えていたのかもしれません。期限が切れているパスポートを手に再発行手続きを行い、航空券を買い、私はタイへ向かいました。

タイを選んだのは、知り合いのアーティストが参加している国際展が行われていたからと現地に友だちがいたからです。展示はMEDIA / ART KITCHENという巡回展でした。インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイと巡回している展示のバンコク(タイ)展を見に行きました。詳細について別途レビューを書きます。



「Media/Art Kitchen ? Reality Distortion Field」展

展示が行われていたBACC (Bangkok Art Culture Center)は円形をした9階建ての大きな施設。7階から9階まで大規模展覧会が行われるスペースで、それ以外は小さなギャラリーやスタジオといったアートセンターになっていました。9階ではタイ王妃の写真展が行われていました。大きく引き伸ばされた写真の前に立つと王妃のコメントが音声で聞こえる仕組みになっており、国民の王妃や王に対する愛情が伺えます。8階ではConcept Context Contestation: art and the collective in Southeast Asiaという東南アジアの若手作家を集めた展示が行われており、これもとても見ごたえのあるものでした。こちらのレビューも後ほど。



Concept Context Contestation: art and the collective in Southeast Asia

生まれて初めての東南アジアで最初に目に留まり写真に収めたのは電線の多さです。太く大量に垂れ下がり、柱をきつく締め…