投稿

2015の投稿を表示しています

2015年の棚卸し

イメージ
2015年の棚卸しをしなければ、新しい年を迎える気分になりません。

今年は平均して毎月1回観劇することができましたし、毎月誰かと会い何かを話し、展示やイベントやトーク/シンポジウム様々な出来事を経験することができました。公共、参加、アーカイブ、教育、全体と部分(個人)、差別、戦争、ナショナリズム。トピックの多い1年でしたね。

39アートin向島、すみだ川ものコト市、アーティストのための工作機械ツアー、鳩の街通り商店街でのジャズ・フェスティバルや100TENプロジェクト(空き店舗活性プロジェクト)やハトウィン/ハトウィン写真館/写真展と今年も様々な出来事に関わることができました。


39アートin向島は39企画が参加。エリアの活動の数や種類の多さが可視化された気がします。今年は、今まで以上に展示やトークなどイベントの情報が手に入りました。全部行きたいけど行けないというもどかしさに、結構本気で、悩み苦しみました。半分冗談、半分本気で分身の術を体得したかった。

鳩の街通り商店街は、100TENプロジェクトを通じて右左見堂(古本)さんが新規オープン。その他、スイートローズさん、ジバンさんやミャンコさんなど着実にメンバーが増えてきました。秋に開催したハトウィンをきっかけにハトウィン写真館がスタート。12月のハトウィン写真展では鳩の街の過去の写真を収集するプロジェクト(のようなもの)も立ち上がりました。


ハトウィン写真展では「あをば荘」に展示企画を依頼しました。あをば荘は企画者10名弱が参加している拠点、ハード。今回の依頼はソフトをハードに依頼するという形式です。ハードとソフトの関係を考えるきっかけになればと考えていますが、この辺りはもうちょっと丁寧に言語化したいですね。

この1年は、なくなるハード(建物、場所)、終わるソフト(プロジェクトなど)が目につきました。同時に、新しくできるハード、立て続けに立ち上がるソフトなど変化が目につく1年でした。終わることは悲嘆や無理矢理な未来志向を生み出しました。ノスタルジーに縛られたくないですが、もう少し終わる様々に対してその意味を考えてもよいのではと思います。

今年も大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。よいお年をお迎えください。

ハトウィン写真展(というかフォトの街通り商店街、商店街のアーカイブの) / ご報告

イメージ
商店街の企画を「あをば荘」というオルタナティブスペースに依頼しました。10月に行ったイベントの報告と商店街アーカイブプロジェクトのキックオフを兼ねたとても大事な展示でしたから、専門の知識/経験を携えた人に依頼する必要があったのです。「複数の企画者が美術や演劇、農業などそれぞれの関心に基づき、気軽に企画・発表を行なってい」るあをば荘とならばやりたいことができるんじゃないか。その期待を大幅に上回る素晴らしい展示になりました。


依頼から展示まで30日程度という、びっくりするくらいに短い準備期間でしたが…写真の研究をしていた美術館の学芸員、美術コーディネートしているアーティスト、各種展示の現場をゴリゴリ経験している現在大学院生、という最強の布陣であっという間に展示のコンセプト立案からプレゼン、準備から実施まで駆け抜けてくれました。

会場は2つ。


1つ目の会場は入り口近くの空き店舗です。受付では展示の趣旨を説明したり、フォトの街通り商店街として過去の写真を集めていることを伝えます。プロジェクターの画像がぼんやりと映っている白い幕をくぐって奥に進むと、第2回ハトウィンのイベント写真と古い鳩の街の写真が展示されています。


2つ目の会場は飲食店2階にある元住居を活用したスペース。ハトウィン写真館の写真と鳩の街通り商店街の過去の写真をいくつかを展示していました。普段は入ることができない場所を活かしたインスタレーションはさすが。玄関をあけて階段をあがると、鳩の街通り商店街の始まりから現在までの出来事が年代とともに窓や壁に書き出されていることに気付きます。そして展示されている写真は数ヶ月前の過去、数年前の過去、数十年前の過去。様々な過去が整理/混在、つまり商店街の「過去」と出会うわけです。鳩の街はその長い歴史のせいか、特定の時代のイメージばかりを持たれがちです。しかしそれ以外にも様々な(生々しい)過去があるのだと気付かされます。階段をおりて扉をあけようとすると出会うテキストににやりとしてしまいます。

展示にあたって鳩の街入り口にあるおそば屋さん玉屋さんや、立花美容室の松橋さん、花よしの内田さん、鳩組の林さん他たくさんの方に資料ご提供をいただきました。それぞれの持つ鳩の街の過去は違っていて、何だろう、やはりレトロというわかりやすい一言ではくくれません。複雑という言葉は適していないんですよ…

第2回ハトウィン / ご報告

イメージ
タイトルに「第2回」をわざわざ加えるイベントというのは、2回目であることや1回目のアレコレに思い入れのあるイベントであることが多いと思います。ハトウィンもしかり。ただ、この記事では第1回に何があったのか詳細にわたって記載することは控えます。下記URLをご覧ください。

http://erikarticle.blogspot.jp/2013/11/blog-post.html

さて、今年のハトウィンも第1回の反省をある意味生かすこと無く盛りだくさんの内容となりました。子どもたちがオバケ仮装をして練り歩くための「スタンプラリー」。はとホットミニ公園での「ハトウィン ジャズ・フェスティバル」。空き店舗を活かした「100YENハトウィンチャレンジショップ」。仮装をした子どもたちをプロのカメラマンが撮影する「ハトウィン写真館」。合計4つもの企画を同時開催いたしました。


「通り過ぎる足を止める」イベントとして企画したこれら。一見まとまりが無いように見えますが、そんなことありません。鳩の街通り商店街のハロウィンイベントはオバケのためのイベントです。神さまが里帰りしている10月にだけこれ幸いとやってきた西洋東洋入り乱れたオバケたちが音楽を演奏したりお店をしたり写真を撮ったり商店街に潜んで大騒ぎ。怖がらないで、一緒にオバケになって楽しもう。そう、この日は楽しむだけでオバケになれる一日だったのです。


シャッターの閉まったお店に目をつけたオバケたちに扮した出店者さんたちが通りを盛り上げてくれた100YENハトウィンチャレンジショップ。昨年開催した「体験型空き店舗博覧会 100YENチャレンジショップ」の2回目となります。大人気のこのイベントは、毎回普通じゃ見られないお店が軒を連ねます。昨年は手品のタネを売るマジシャンから水族館まで様々。今年は手作りゲームを売る墨田区の発明王から毎度恒例となった鳩組さんやサングランデさんのオリジナルフーズと賑やかさは変わりません。普通の食の店舗だったらそんなに賑やかじゃないんじゃないかって?いえいえ。実際に来てみてください。売り子のパワフルさに圧倒されますから。


楽器を持って賑やかに音楽を奏でるオバケ…いえいえ定番のジザフィナードをトリに控えたハトウィンジャズ・フェスティバルは安心のラインナップ。のんびり耳を傾けよう…と思っていたら、他のオバケ(演奏者)のク…

鞆の津ミュージアムの企画展終了について思うこと

いきなり何えらそうに言ってんだ、と思われるかもしれないですが。最近読んでいた本とリンクすることもあり、その思考のまとめも兼ねて鞆の津ミュージアムについて書きます。

人は「普通」であるために「普通じゃない人」つまり「逸脱した人」を求めます。それが障害者でありセクシャルマイノリティであり自営業者であり移民でありetc…。他者化、と申しましょうか、そういう振る舞いを。「自分とは違う」人を作ることで「普通な自分」を安定化させるということですね。

鞆の津ミュージアムでは「普通じゃない人」の展示が行われていたと思いますが、その「普通じゃない」を決める規範が「既存」の規範を攪乱させるものでした。(見てないのに偉そうに言ってる自分、恥ずかしい。)

企画展が今回の「障害(仮)」で終了し、福祉施設として「障害のある人」の作品を展示する美術館に方針が変わるとのこと。「既存」の規範にのっとった「普通じゃない人」を見せるようになるのでしょう。

「次はどんな企画が生まれるだろうか」という期待を持ったり「やられたー!」と驚くことが鞆の津ミュージアムにおいてできなくなるのは残念ではありますが。このような美術館があったということが、しっかりとアーカイブされることを望みます。

=============
鞆の津ミュージアム
http://abtm.jp/
https://www.facebook.com/tomonotsu

次回企画展
「障害(仮)」
http://abtm.jp/blog/323.html
=============


最後にfacebookで書かれていた長津くんのテキストも引用いたします。
https://www.facebook.com/yuichiro.nagatsu/posts/890554657647746

既存の福祉の文脈を大きく逸脱し、「アール・ブリュット」を「生きるための技法」と読み替え、鋭くアウトサイダーたちを取り扱ってきた唯一無二の美術館がその姿を変えようとしています。今回の企画展「障害(仮)」が最後の企画展で、以降は福祉施設として「障害のある人」の作品を展示する美術館に様変わりする予定とのことです。

「TURN」展を通じて関係者としての顔もあり、事情は聞いていた身として今重ねられる話をすこし言うと、渦中の美術館「鞆の津ミュージアム」は、「アール・ブリュット美術館」という…

柏レイソルの試合を見に行きました / ご報告

イメージ
先日サッカーを見に行きました。Jリーグです。東京に出てきてからJリーグは初めて。日本代表の試合を1度だけ見に行った覚えがあります。サッカーは、まあ、熱狂的なファンではありません。積極的に試合日程を調べてチケットを確保して見に行くほどの動機を持ち合わせてはいないのです。(嫌いというわけではありません)

今回は墨田区の友人に声をかけられ行くことになりました。二児(兄弟)のパパである友人から、席とチケットの関係上、大人が2名必要となったと私に声がかかりました。兄弟は元気で気持ちのよい性格。墨東まち見世ではまちあるきの案内人を務めたりインタビュワーとして活躍するくらいです。私のことを「エリカさん!」と大声で呼びかけてくれます。最近お兄ちゃんは「ヨネザワさん」と照れて言うようになりましたけども。。


前置きが長くなりました。JR柏駅を降りて親子3名と私の4名はスタジアムに向けて歩きます。道すがらずっと柏レイソルの話。今リーグの成績や、他のチームとの対戦相性、新しい外国人選手の話や怪我をしている選手について、お父さん⇒お兄ちゃん⇒弟ちゃんと休み無く聞かされました。贅沢な観戦です。

入場しました。

お兄ちゃんは、せっかくだからと私にスタジアムを案内してくれました。どこにローソン屋台があるとか。ピザが売っている場所があるとか。二階席は立って観戦できない、ゴール裏は戦々恐々としているとか。ずんずんと、一人では躊躇して入れなさそうな場所まで、案内人のお兄ちゃんは進んで教えてくれます。これもまた贅沢な体験です。

ああ、色々ありましたね 

柏スタジアムは応援席とフィールドがとても近い 
もっちりポテト
試合が始まると前半はお兄ちゃんによる、後半は弟ちゃんによる丁寧な解説が始まります。ボールを持っている選手の名前/経歴/強さや得意なプレイ。攻めているとき/攻められているときの各選手のポジション取りの理由。今どういう名前の布陣をとっていて、それがどういう理由で行われているのか。新しく入団した外国人選手がいかに強いか。相手チーム(バンフォーレ甲府)の注意すべき選手などなど。テレビで観戦しているよりも充実した、そして的確な説明をしてくれます。

レイソルはJリーグの中でも応援が派手で有名らしい
柏レイソルは前半2ゴールを決めて優位に立っていました。兄弟の友達にそっくりなクリスチアーノ選手は全ての得点に絡む…

第9回アーティストのための金属加工機械ツアー / ご報告

イメージ
事業支援の行政施設がアーティスト(美術作家)を個人事業主と認め支援範囲を広げた昨年度。まだまだ周知されていないこの状況をアーティストに伝えるべく始まった「アーティストのための金属加工機械ツアー」ですが、今年も実施することになりました。


前回開催から少し間があきましたが今年度最初のツアー(第9回)は8月22日に実施いたしました。金属を用いた彫刻のアーティストさんが多く参加されたためか、加工機械に対していちいち(良い意味で使っています)盛り上がり、盛況となりました。

特に皆さんのテンションが上がったのは「放電加工」を行う機械です。特にワイヤー放電。雷の原理を利用し、電導性のある金属であればどんなに硬い金属でも加工できるという代物。レーザーよりも精度の高い加工ができるためから、アーティストの皆さんの想像を膨らませたのかもしれません。



毎回恒例となりました、技術相談員さんによりサプライズもレベルアップ。今回は3Dプリンターでプリントした小さな人間の手が全員にプレゼントされました。石膏の粉に糊を吹きかけて固めていくタイプのプリンターを、まるで遺跡発掘のような手振りで掘り探っていくと出るわ出るわ小さな手。コンプレッサーで細かい粉を吹き飛ばす作業も経験できました。本来は、この後オイルコーティングをするという工程があるのですが、この日は時間もないので割愛となりました。



地下にある検査機械の説明では、今回初めて蛍光X線分析の機械で組成検査を行いました。参加者のお一人が持っていた銀のブレスレット(5万くらいしたらしい)の組成です。はらはらどきどきしながら結果を待ちました。案外時間がかかります。結果は…ちゃんと銀でした。



ツアーの後は歩いてキラキラ橘商店街へ。新しくできたすみまめカフェにて休憩がてら情報共有をいたしました。大田区と墨田区の比較のお話。現代美術作家の生活の話。美術全般のお話しなどなど。特に大田区と墨田区のちょっとした違いの話は興味深いものがあります。墨田区の底堅い力の理由は何なのか、もっと知りたくなりました。

 ※次回の開催は9月26日(土)となります。応募方法などは追ってお知らせいたします。

墨田区某所で流し素麺が行われました / ご報告

イメージ
8月頭に墨田区のとある場所で行われた流し素麺についての話をします。少し間が空いてしまいましたが、鮮明に記憶しています。

実は昨年も同じ場所で流し素麺が行われました。同じような仕組みや仕掛けを今年も使っていたのですが、素麺を流す部分(レール?)が昨年より少し長くなり直線ではなく曲線になったのが違っている点でしょうか。


諸事情により詳細にわたってお伝えすることができないのが残念です。屋外で行われたこの流し素麺は、会場となった個人宅の住民の友人知人だけでなく、近所の子どもたちも参加し大賑わいとなりました。


大人があれやこれやと頭をひねりながら夜な夜な集まり技を持ち寄りつくる流し素麺。ちょっと盛り上がりすぎた為か来年開催するかどうか不明ですが。もし開催されることがありましたら、墨田区にお住まいのご近所の皆さま。ぜひチェックし、参加してみてはいかがでしょう。

私も来年はもうちょっと小さなサイズのこんにゃくを買って流そうと思っています。

第38回 隅田川花火大会が開催されました / ご報告

イメージ
隅田川花火大会が先週末、7月25日に行われました。毎年天気が気になる季節。2年前はいきなりの雨に30分で中止となってしまうこともありました。今年はどうでしょう。昼間からカラッと晴れたよい天気で、絶好の花火日よりだったのではないでしょうか。


向島周辺では18時ごろから道路は車両通行禁止になり、人々がブルーシートを広げて座りだします。墨田区にやってきて5年目になりますのでだいぶ慣れてきましたけれども、いつ見ても圧倒されます。町会や商店街が簡単な屋台を出して飲食を売る、その声も花火を盛り上げます。

鳩の街通り商店街は曳舟駅から会場に向かう途中にあります。昼ごろから人通りが多くなり、夕方になると浴衣を着た若者や家族連れで一杯になります。商店街の各お店も普段は店に立たない2代目を手伝いに呼んでから揚げやビールを売ります。賑わいます。


私は人ごみが苦手です。ライブでどれだけ「プチャヘンザッ」と言われても手をあげません。歓声を上げたこともなく、いつも冷静に(でも心の中では盛り上がって燃え上がっているんですよ)見るようにしています。そんな私ですら大きな歓声を上げて拍手をしてしまうのが隅田川花火大会です。


日中の太陽で熱されたアスファルトはブルーシートを挟んでも私の体温を上げます。花火が上がります。その音、近さ、輝き、はかなさ、全てに私は気持ちが上がり「すごーい!」と声を上げてしまいました。あっという間に2時間弱が経ち、私は汗でぐっしょり濡れていました。その後、喫茶店カドで飲んだぶどうジュースはとても美味しかった。


花火の後、商店街に戻り後片付けをしました。そして近所に住む鳩組の皆さんと少しお酒を飲み炙られた肉を食べ近況を報告し合い、良い時間になったところで帰宅。ぐったりとしておりましたが、よい疲れです。来年もまた、よい汗をかきたいものです。


第10回 鳩の街ジャズフェスティバルが開催されました / ご報告

イメージ
エコースティックスは昨年も大人気のバンド
7月18日土曜日、鳩の街通り商店街では第10回 鳩の街ジャズフェスティバルが開催されました。

夏の恒例となったジャズフェスティバルも、今年で10年目を迎えました。記念となる今回、いつもの演奏メンバーに加えて海藻姉妹さんや千住ちんどんさんを迎えて大盛り上がり。途中、パラパラと雨が降る残念な空模様でしたが、雨が降っていたことを忘れるくらい楽しい一日となりました。

ワンダーツアーズの歌ものびがあって素敵
墨田区内のジャズ好きが集まって演奏しているジザフィナードは毎年最後に演奏します。心底楽しんでいる様子は見ているこちらまで気持ちがよくなります。演奏は…そりゃ、時々音が外れることもありますし、リズムが緩むことだってありますけれども、細かいことを気にするイベントじゃあない、と思います。

歌も踊りもノリノリのジザフィナード
このジャズイベントはご近所が対象です。普段は通り過ぎてしまう人にとって、商店街は(言い方は悪いですが)ただの道です。でも時々こうやってイベントをやっていれば、気づいた人にとって「ただの道」が「鳩の街通り商店街」になるのです。

あ、今気づいたけど、看板に「ポップ」って書いてある
海藻姉妹の演奏は会場から遠く離れた入口近くまで伝わりました。まるで水中にいるかのように遠くまで伝わる音は、多くの人の耳に届き足を止め意識を会場である「はとホットミニ公園」にまで向けさせました。大げさに言いましたが、それほどまでに力強い演奏を海藻姉妹はしてくれました。聞くとあまり屋外でのイベントは無いとか。ちょっとびっくりです。

海藻姉妹(わかめ、めかぶ、こんぶ)の皆さんの演奏は必見です
千住ちんどんさんは商店街の入口から会場まで演奏しながら練り歩きます。チューバやバンジョー、サックスが練り歩く様子は目を惹きます。演奏もかっこいい。

元エデンにできた新しい陶芸教室とダイニングの前を通る千住ちんどん
そして会場近くにある空き地に到着すると、司会の女性は大盛り上がり。これは何ていう名前のダンスなんでしょうか。ノリノリで踊ってらっしゃいました。いいですねえ、この自由な風景。後で彼女と話をしましたら「来年も千住ちんどんさん楽しみね」と笑っていました。

ツイストみたいな踊りでのりのりの司会
鳩の街ジャズでは演奏だけでなくジャグリングも披露されました。見た感じ若い彼は…

NY旅行 その6 2015/7/7

イメージ
7月の頭にニューヨークへ行ってきました。その旅行記というよりはメモの集積。
--------

6日目 最終日

宿泊先のホストに日本からお土産を買っていったのだけど、夏にしょうが入りくず湯を渡すのは、自分でもどうかしている。飲み方がわからないだろうからイラストで説明してみた。今読み返してみても意味がわからない。これから暑くなるのに体を温めさせてどうする。でも喜んでいたからよしとしよう。


常連を目指して今日もレストランに行った。ソーセージの入ったオムレツを今日も頼んだ。今日は暑いからオレンジジュースを頼んでみた。これがとても美味しかったので「どこのジュースなんだい」と聞いたらパッケージを持ってきてくれた。


写真を撮れと。ふーむ。これは日本からでも買えるのかな。大雑把な味なのに美味しいとはどういうことだろう。確かにオレンジの味がするんだけれどもジュースの味じゃない。美味しかった。さて、レジで今日も小銭とお札でぴったりのお金を渡した。レジにはいつもママが座っている。笑顔の素敵な人だ。今日は私に声をかけてきた。「ねえ」と。「ここはアメリカだよ。チップが本当は必要なんだ。」と言われて顔が赤くなってしまった。私が常連になってみようと思ったのはそのサービスがとてもよかったこと。そのサービスに対して私はチップすら払っていなかったのだ。本当に恥ずかしい。最後の最後にチップを払うことができてよかったのと、あと、ママがちゃんと私に言ってくれたのがよかった。ただの旅行者だと思っていたら言うことも無いだろうし。本当は初日からちゃんと支払っておきたかった…。


飛行機の時間まで中途半端な時間しかなかったのと火曜日だったのでギャラリーに行くわけもいかず、仕方なく(というと失礼)自然史博物館に行った。ティラノサウルスはそんなに好きではなかったが、トリケラトプスやステゴザウルス他、形の特異な恐竜は好きなので化石は見たかったのだ。ジュラシックワールドの公開も近いからと思うけれども、子どもの数が多かった。子どもの数と同じくらい、大きなお友だちが盛り上がっている様子もたくさん見ることができた。





自然史博物館には恐竜だけでなく、世界の民俗衣装や儀式にまつわる展示もたくさんあった。メトロポリタン美術館の展示と多少(というか大きく)内容がかぶっているものもあったけれども、それぞれが異様なので気にならなかった。貝が…