投稿

4月, 2015の投稿を表示しています

アーティストのための金属加工機械ツアー / ご報告

イメージ
アーティストのための金属加工機械ツアーは、じわりじわりとしか理解されない重要な動きなので、説明に少し困ります。丁寧に、少し面倒くさくてもいいので言葉を尽くして書いてみようと思います。


開催場所となったすみだ中小企業センターは行政が管理する施設です。HPには次のように業務が書かれています。「中小企業の経営・技術・取引の相談・指導、工作機械類・精密測定機器類の利用、施設の貸出指導・維持管理等に関すること」つまりあくまで事業支援の施設だ、というわけです。個人の趣味や余暇(DIYと言っていいのでしょうかね)での利用はできませんでした。動きがあったのは2014年の初めごろ。センターがアーティストを個人事業主として認めました。個人事業主とはいえ事業者です。アーティストが中小企業センターの金属加工機械を使えるようになりました。これは重要な転機。また一つ、公の概念が広がったと言えます。

認識が変わった明確な理由は聞いておりません。ただ、墨田区では20年前からギャラリーや美術館の外でのアーティストの活動(展示やワークショップなど)が行われていたこと。アーティストの拠点(ギャラリーやアトリエなど)が増えてきたこと。墨田区内で活動するアーティストと行政職員との間に接点が増えてきたこと。さらにその接点が仕事だけでなく生活の中にあるということ、が考えられるでしょう。

同時5軸マシニングセンタやワイヤ放電加工機、サーボプレスといった中小企業センターにある21種類の工作機械が使えるとなっても、どうやってアーティストにそのメリットを伝えたらいいかわからない。そもそもアーティストってどこにいるの。そこで私に声がかかりました。私は「墨東まち見世」アートプラットフォームの事務局メンバーかつ、鳩の街通り商店街イベントでアーティストに相談を持ちかけていたので、何か知ってそうだと思われたようです。(商店街でお世話になっている中小企業診断士の方がセンター職員だったためこのようなお声がけが来ました。)




私はまず見学が必要だろうと考え、このツアーを提案しました。2014年4月からアーティストのための金属加工機械ツアーを実施。すみだ中小企業センターの職員の方々とアーティストの間にたち、日程の調整などを行いました。ツアー内容は中小企業センターの職員の方が立案。(失礼な言い方かもしれませんが)想定を大幅に超える面白さ…