投稿

8月, 2015の投稿を表示しています

柏レイソルの試合を見に行きました / ご報告

イメージ
先日サッカーを見に行きました。Jリーグです。東京に出てきてからJリーグは初めて。日本代表の試合を1度だけ見に行った覚えがあります。サッカーは、まあ、熱狂的なファンではありません。積極的に試合日程を調べてチケットを確保して見に行くほどの動機を持ち合わせてはいないのです。(嫌いというわけではありません)

今回は墨田区の友人に声をかけられ行くことになりました。二児(兄弟)のパパである友人から、席とチケットの関係上、大人が2名必要となったと私に声がかかりました。兄弟は元気で気持ちのよい性格。墨東まち見世ではまちあるきの案内人を務めたりインタビュワーとして活躍するくらいです。私のことを「エリカさん!」と大声で呼びかけてくれます。最近お兄ちゃんは「ヨネザワさん」と照れて言うようになりましたけども。。


前置きが長くなりました。JR柏駅を降りて親子3名と私の4名はスタジアムに向けて歩きます。道すがらずっと柏レイソルの話。今リーグの成績や、他のチームとの対戦相性、新しい外国人選手の話や怪我をしている選手について、お父さん⇒お兄ちゃん⇒弟ちゃんと休み無く聞かされました。贅沢な観戦です。

入場しました。

お兄ちゃんは、せっかくだからと私にスタジアムを案内してくれました。どこにローソン屋台があるとか。ピザが売っている場所があるとか。二階席は立って観戦できない、ゴール裏は戦々恐々としているとか。ずんずんと、一人では躊躇して入れなさそうな場所まで、案内人のお兄ちゃんは進んで教えてくれます。これもまた贅沢な体験です。

ああ、色々ありましたね 

柏スタジアムは応援席とフィールドがとても近い 
もっちりポテト
試合が始まると前半はお兄ちゃんによる、後半は弟ちゃんによる丁寧な解説が始まります。ボールを持っている選手の名前/経歴/強さや得意なプレイ。攻めているとき/攻められているときの各選手のポジション取りの理由。今どういう名前の布陣をとっていて、それがどういう理由で行われているのか。新しく入団した外国人選手がいかに強いか。相手チーム(バンフォーレ甲府)の注意すべき選手などなど。テレビで観戦しているよりも充実した、そして的確な説明をしてくれます。

レイソルはJリーグの中でも応援が派手で有名らしい
柏レイソルは前半2ゴールを決めて優位に立っていました。兄弟の友達にそっくりなクリスチアーノ選手は全ての得点に絡む…

第9回アーティストのための金属加工機械ツアー / ご報告

イメージ
事業支援の行政施設がアーティスト(美術作家)を個人事業主と認め支援範囲を広げた昨年度。まだまだ周知されていないこの状況をアーティストに伝えるべく始まった「アーティストのための金属加工機械ツアー」ですが、今年も実施することになりました。


前回開催から少し間があきましたが今年度最初のツアー(第9回)は8月22日に実施いたしました。金属を用いた彫刻のアーティストさんが多く参加されたためか、加工機械に対していちいち(良い意味で使っています)盛り上がり、盛況となりました。

特に皆さんのテンションが上がったのは「放電加工」を行う機械です。特にワイヤー放電。雷の原理を利用し、電導性のある金属であればどんなに硬い金属でも加工できるという代物。レーザーよりも精度の高い加工ができるためから、アーティストの皆さんの想像を膨らませたのかもしれません。



毎回恒例となりました、技術相談員さんによりサプライズもレベルアップ。今回は3Dプリンターでプリントした小さな人間の手が全員にプレゼントされました。石膏の粉に糊を吹きかけて固めていくタイプのプリンターを、まるで遺跡発掘のような手振りで掘り探っていくと出るわ出るわ小さな手。コンプレッサーで細かい粉を吹き飛ばす作業も経験できました。本来は、この後オイルコーティングをするという工程があるのですが、この日は時間もないので割愛となりました。



地下にある検査機械の説明では、今回初めて蛍光X線分析の機械で組成検査を行いました。参加者のお一人が持っていた銀のブレスレット(5万くらいしたらしい)の組成です。はらはらどきどきしながら結果を待ちました。案外時間がかかります。結果は…ちゃんと銀でした。



ツアーの後は歩いてキラキラ橘商店街へ。新しくできたすみまめカフェにて休憩がてら情報共有をいたしました。大田区と墨田区の比較のお話。現代美術作家の生活の話。美術全般のお話しなどなど。特に大田区と墨田区のちょっとした違いの話は興味深いものがあります。墨田区の底堅い力の理由は何なのか、もっと知りたくなりました。

 ※次回の開催は9月26日(土)となります。応募方法などは追ってお知らせいたします。

墨田区某所で流し素麺が行われました / ご報告

イメージ
8月頭に墨田区のとある場所で行われた流し素麺についての話をします。少し間が空いてしまいましたが、鮮明に記憶しています。

実は昨年も同じ場所で流し素麺が行われました。同じような仕組みや仕掛けを今年も使っていたのですが、素麺を流す部分(レール?)が昨年より少し長くなり直線ではなく曲線になったのが違っている点でしょうか。


諸事情により詳細にわたってお伝えすることができないのが残念です。屋外で行われたこの流し素麺は、会場となった個人宅の住民の友人知人だけでなく、近所の子どもたちも参加し大賑わいとなりました。


大人があれやこれやと頭をひねりながら夜な夜な集まり技を持ち寄りつくる流し素麺。ちょっと盛り上がりすぎた為か来年開催するかどうか不明ですが。もし開催されることがありましたら、墨田区にお住まいのご近所の皆さま。ぜひチェックし、参加してみてはいかがでしょう。

私も来年はもうちょっと小さなサイズのこんにゃくを買って流そうと思っています。