投稿

5月, 2016の投稿を表示しています

アフガンボックスカメラを体験するワークショップに参加してきました

イメージ
フィルムカメラを使わないようになってどれくらい経ったんだろう…。ミーハーだった大学生時代は写真サークルで現像やプリントを楽しんでいました。ミーハーだった大学生時代(繰り返し)は、トイカメラにはまってLOMO SMENAを購入してその風合いを楽しんでいました。一眼レフカメラを手に入れてからは何本ものフィルムを荷物に詰め込んで海外旅行を楽しんでいました。帰国してから現像するのが楽しみで。フィルムの巻取りがうまくいかずに像が被ってしまう写真。それを「味」だと理解するのに時間がかかったのが懐かしい。今ではデジタルカメラしか持ち歩きません。気にするのはフィルムの枚数や本数ではなく、電池の残量やメモリーカードの残容量のみ。

前置きが長くなりました。いかにしてレンズを通った光が図像を結ぶのか、写真ができあがるのか、その過程を知ることができ、さらに手作りの写真を楽しむことができるワークショップに先日参加してまいりましたのでご紹介します。

いい天気、撮影日和でよかった
これが今回のワークショップで使ったカメラです。この箱がカメラです。木製のこの箱で、撮影から現像、プリント全てを行うことができます。

アフガニスタンに起源のあるこのアフガンボックスカメラは、政情の変化など様々な外的要因から発展/衰退しました。今では実際に使われることはほとんどなく、写真屋であることを示す看板などに使われているとか。

中東における写真文化を語る重要な歴史であるこのアフガンボックスカメラを、調査研究しアーカイブしているプロジェクトがあります。オーストラリアのアーティストLukas Birkとアイルランドの人類学者Sean Foleyがはじめたこのプロジェクトはネット上にかなり豊富な情報を蓄積しています。このアフガンボックスカメラに触れたBackyard Projectのメンバーが、今回のワークショップを企画しました。 http://www.afghanboxcamera.com/

写真のワークショップでの写真が逆光で見えないっていう・・・ 
ワークショップはAfgan Box Camera Projectの紹介、アフガニスタン政情変化の話、この箱がどうして撮影/現像/プリントまでできるのかの機構の話、など丁寧なレクチャーから始まります。見方によっては不恰好で大きくて大げさなデザインが、実は撮影に必要な最低限の…